新型コロナウイルス感染症に関する西市民センターの対応について – 福岡市西区市民センター

新型コロナウイルス感染症に関する西市民センターの対応について

新型コロナウイルス感染症に関する福岡県の要請などを踏まえ、1月16日から実施していた西市民センターの利用制限を、以下のように一部変更いたしましたので、お知らせいたします。

 

1.施設の対応

①営業時間短縮の短縮なし。(適用期間3/22(月)〜)

②施設の定員制限の内容を変更します。((ⅲ)を明確化)(適用期間3/1(月)〜4/30(金))

(ⅰ)大声での歓声、声援等が想定されない場合
収容定員の100%

(ⅱ)大声での歓声、声援等が想定される場合
収容定員の50%以内

(ⅲ)収容定員が設定されてない場合(ロビー利用など)
十分な人と人との間隔(1m)を設け、かつ、その間隔の維持が可能であること。

※(ⅰ)は、クラシックコンサート、演劇、式典、展示会など。(ⅱ)は、ロックコンサート、ダンスイベントなど。

ホール・会議室等の定員(変更後の定員)

室名 定員
制限なし → 制限あり
ホール 800名 → 400名
第1会議室 81名 → 40名
第2会議室 36名 → 18名
第3会議室 18名 → 9名
実習室 42名 → 21名
室名 定員
制限なし → 制限あり
音楽室 54名 → 27名
視聴覚室 72名 → 36名
第1和室 16名 → 8名
第2和室 12名 → 6名

 

2.施設利用料の返金等について(現在の対応を継続)

新型コロナウイルス感染拡大防止のため、施設利用の取り止めを行った場合、施設利用料の返金などを行う取り扱いを継続する。

※上記の制限等の内容は、県の要望等を踏まえ、変更となることがありますので、ご了承ください。